AZDEN

Menu

TOP製品情報アマチュア無線 HF+50MHz 1kWリニアアンプ

AZR-1000
HF+50MHz 1kWリニアアンプ

495,000円(税込)
新スプリアス規格対応の
国産小型軽量1kWリニアアンプ
AZR-1000は1kW出力ながら、スイッチング電源の採用により全質量約15kg、外形寸法(W)35cm (H)15cm (D)38cmと軽量で小型設計のHF帯リニアアンプです。
またスプリアス除去のため、ローパスフィルターとハイパスフィルターを組み合わせたハイブリッドフィルター®を開発。これにより新スプリアス規格を充分なマージンをもって対応しています。
最新のデバイスであるLDMOSを採用

LDMOS 1個を採用し、プッシュプル接続で余裕のある1kW出力を実現しました。 高効率で従来品より更に信頼性の高いリニアアンプです。

2台のエキサイターと接続可能

入力系統を2系統備え、各々に周波数データを受け取ることができるインターフェース端子を備えます。

アンテナ出力が5回路あり、バンドごとにアンテナをプリセットが可能です。 トランシーバーとデータ接続することにより、バンド切替、アンテナ切替が自動で行われます。 アンテナ出力の他にAUXアンテナ端子を備え、選択されるとプリセットに関係なくAUXに接続されます。 マルチバンドバーチカルアンテナやダミーロード等を接続できます。
充実した保護回路を搭載

・DRIVE

エキサイターからの励振電力が過大のときに点灯。

・PR

SWRが大きい時に点灯。

・TEMP

電力増幅部の放熱器の温度が上昇したことを表示。

・BAND

手動バンド設定時に、設定した周波数以外の入力があった場合を知らせます。

・VD

内蔵のDC50V電源が過電流、温度上昇等で停止した時に点灯します。

マルチメーターにて出力電力(PF)、反射電力(PR)、ドレイン電流(ID)、ドレイン電圧(VD)が表示でき各部の動作状態を容易に確認できます。
本機はAC200~240V 50/60Hz単相の商用電源を使用することで性能を発揮できるよう設計されています。内蔵電源はユニバーサルスイッチング電源を採用しているので、AC100~120Vでの動作も可能です。
100Vの場合、CW,SSBでのPEP出力は700W程度、DATA通信の場合のような連続キャリアでは500W程度となります。
仕様
周波数
1.8~54MHzのアマチュアバンド(4.630MHzの非常通信用周波数を除く)
使用温度範囲
-10℃~+40℃
電波型式
CW/SSB/FM/FSK/PSK
励振電力
約50W
出力
1000W(AC200V時)
500W(AC100V時)
終段電圧
50V
ドレイン電流
最大34A
不要幅射強度
-60dB以下(1.8~28MHz帯)
-70dB以下(50MHz帯)
入力端子
2系統
出力端子
5系統 + 1系統(AUX端子)
データ端子
D-sub 25ピン 2系統
入力インピーダンス
50Ω 不平衡
出力インピーダンス
50Ω 不平衡
電力増幅素子
MRF1K50H
回路方式
プッシュプル方式
送受切替
CWにおけるフルブレークインには対応しません
電源電圧
AC100~240V、単相 50/60Hz
内蔵メーター
出力電力 PF、反射電力 PR、ドレイン電流 ID、ドレイン電圧 VD
入出力コネクタ型式
M-J型
外形寸法
350(W) × 150(H) × 380(D)mm(突起物を含まず)
質量
約15kg
消費電力
2kVA以下(1000W出力時)
付属品
RCAプラグ × 2
D-subコネクタ(25P) × 1